助産師外来の転職のメリットは?

看護師

大病院や総合病院などの産婦人科に、最近助産師外来というものが併設されるケースが増えています。一体この「助産師外来」というものはどのようなシステムなのでしょうか。

そもそも助産師というのは、その言葉通り出産をサポートするためのお仕事となります。妊婦さんやお腹の中の赤ちゃんが健やかに過ごせているかを検診したり、お産時に赤ちゃんを取り上げたり、産褥婦や新生児に対して保健指導などを行うのが主な業務です。

この助産師という職業は国家資格となります。まずは看護師の資格を取得し、その後助産師の教育を受け、実習を経た女性だけが国家試験を受験することが可能です。

日本の場合は「助産行為」を許可されているのはお医者さま以外では助産師だけ、助産師資格を持つものは、自ら助産院を開くことができます。安全なお産や、妊婦さんの献身を行えるのが助産院です。

難しいお産や、異常分娩となってしまった場合は、産婦人科医に速やかに連絡を取ったり、転院するケースもありますし、出産中にもしも問題が起きた場合は、病院に搬送されるケースも出て来ます。

とはいえ、助産師みんなが助産師を開いているわけではありません。多くの助産師は病院の産婦人科で、お医者さまと一緒に勤務しています。産婦人科での妊婦検診は、助産師ではなくお医者さまが行うケースが多いです。

但し中には、助産師外来を設置する病院もあり、助産師がメインとなって妊婦検診や、産後の母乳ケアを指導していることもあります。

助産師外来の特徴は、助産師だからこそ出来る保健指導を妊婦さんが受けられることです。また産婦人科のお医者さまよりも、助産師さんの方が、妊婦さんからすると身近な存在に感じると言います。

不安なことをすぐに相談できたり、アドバイスを受けることができたりと、温かく見守ってくれる助産師さんに助けられる妊婦さんは多いです。その為、助産師外来の方が産婦人科よりも安心できると、近頃では注目されているサービスといえます。

また、産婦人科に併設されているため、助産師では処置できないトラブルに見舞われた時には即お医者さまに見てもらえるということも、助産師外来のメリットです。産婦人科よりも身近で、助産院よりも心強いシステムが、助産師外来だといえるのかもしれませんね。
助産師と看護師、お給料が良いのは?

助産師を目指す大学と偏差値の高さ

助産師という職業は女性の妊娠や出産に深く携わり、お産をサポートする職業を指しますが、現在日本では女性にしかなれない仕事のひとつでもあります。助産行為を行えるのはお医者さま以外には助産師のみです。

分娩介助のほかには、臍帯の切断などの行為も可能ですし、生まれて来た赤ちゃんや乳児の介助などに携わることが可能です。

ほかには、ママになる為の勉強である産前教育や、婦人科カテゴリの一部、家族計画のサポートなど、地域社会の健康サポート、教育などに携わることもでき、女性にまつわる健康だけではなく、地域のたくさんのシーンに活躍の場があります。

では助産師になるためにはどうしたら良いかというと、助産師教育を受けることの出来る四年制看護大学を卒業するか、もしくは看護師養成所を経て、助産師養成所で一年間学び、卒業する必要があります。

卒業することによって、助産師になるための国家試験を受ける資格を手に入れられるのです。助産師になるための国家試験をクリアすることによって、厚生労働大臣から助産師資格を交付されます。

助産師になるための国家試験は一年に一回となっていて、毎年二月頃行われるのが通常です。この助産師国家試験の合格率は九割となっていますので、受験さえすることが出来れば、乗り越えることはそんなに困難ではないでしょう。但しそれ以前に、助産師の養成所に入学することの方が容易くないのです。

日本国内にある養成所は、看護学校が短大から四年制にシフトしてしまった影響が強く、近頃では大学院のみでしか助産師の教育を受けることの出来ない大学も少なくありません。

もちろん大学によっては助産師カリキュラムを準備しているところもありますが、募集人数が一けた台という学校も増えつつあります。

ですから助産師になりたいと願っても、受験にパスすることができなければ、助産師になるための勉強をすることも出来ないのが現状です。

定員の選出は大学によって異なりますが、殆どはやはり学力によって決定されます。看護学校の中でも助産師カリキュラムのある大学の場合は、偏差値が50から60後半となり、高い水準となっていますので、入学するのは難しいと考えてください。

ただ、看護学校を卒業後に助産カリキュラムを学ぶことの出来る学校も、近年増えて来ているようです。中には助産学校を持っている看護学校などもあるようですので、そのような看護学校の場合は推薦受験などもあります。このような学校で学ぶことができれば、入学に若干有利になるケースもあるでしょう。
熊本中央病院

助産師を目指す学校で学ぶこととは

助産師になるためには、国家試験をクリアする必要があります。その国家試験を受けるためには、まず看護師免許を取り、助産師カリキュラムがある大学や専門の養成学校などで一年以上教育を受けることを求められます。

他にも認定を受けている指定養成校である看護学校でカリキュラムをこなした学生が受験資格を持ち、助産師のための国家試験を受け、無事にパスすることによって、助産師になることができるのです。

選ぶ学校によって受ける授業内容は異なりますが、厚生労働省が指定したカリキュラムは存在します。最初に学ぶのは基礎助産学です。助産師という職業の礎になる教育となり、求められる知識を学んでいく事になります。

人間の性に関してや、助産学概論、また母子の健康に関してなどが内容です。

次に助産診断、技術学になりますが、こちらは業務をこなしていくために重要となるテクニックの勉強になります。例えば妊婦検診に関してや、分娩や新生児介助の技術もそうですし、母親学級についての知識も学ぶ事になるでしょう。それ以外には、助産管理、地域母子保健に関わることも学んでいきます。

各学校で、助産師に大切な知識と技術の教育を受けたあとには、臨床教育として赤ちゃんを取り上げる実習をする事になります。病院や助産所など、指導者について実習を受けますが、お産はいつ始まるかわかりませんので、夜中に呼びだされることもあるでしょう。

メンタルだけではなく、肉体的にもとてもハードな職業が助産師です。その為、助産師になりたいという憧れだけではなるのは難しい職業ともいえます。体力が求められる仕事です。

ですが、新しい命の誕生に立ち会えるやりがいのある職業ですし、年を重ねても続けられる息の長い職業でもあります。

助産師になるためには現在3種類の方法があり、専門学校、大学の助産師家庭、大学院となっていますが、他にはまずは看護師になって経験を積み、ステップアップするという方法も人気です。看護師として勤務しながら専門学校を目指す場合には、通信教育を受けるという方法も視野に入れるのもいいでしょう。

このページの先頭へ