男性助産師が存在しない理由とは

助産師さんという職業は、現在の日本では女性にしかなれない職業のひとつになります。ですから男性の助産師さんというのは存在していないのが通常です。男性の中には、お医者さま以外で唯一赤ちゃんを取り上げることの出来る助産師に憧れを抱く人もいるかもしれません。

なぜ男性の助産師さんがいないのかというと、出産というのは女性に取って特別な行為だからです。他人である異性がその場にいることに良い印象がないということ、そしてデリケートになっている女性からしても避けたいというのが現状でしょう。

だったら産婦人科医はどうなんだという理論になってしまいますが、助産師は女性器に触れる行為がありますので、やはり男性助産師の場合は女子側からしたら敬遠したい理由のひとつです。

上記にもありますが、男性の産婦人科のお医者さまというのは少なくありません。ですがこのケースでは、お医者さまは女性より男性の方が多い職業だということ、その為に割合的にも自然だという事になると思います。

日本以外の世界に目を向けてみると、男性の助産師さんというのも活躍しているそうです。但し日本で男性の助産師さんが今後誕生するかどうかというのは、現段階では全くの未定といえます。

新しい命の誕生に立ち会える職業は、神秘的、かつ感動的な職業です。ですから男性だって、助産師になりたい、と考えてもそれはごく自然なことでしょう。とはいえ、前述の通り、男性助産師をイメージした時、否定的な意見の方が圧倒的に多いのも事実です。

お産に関係する職業に就きたいと願うのであれば、産婦人科のお医者さまになるしか、男性に取っては選択肢はないといえます。勿論絶対に将来男性の助産師が認められない、とまでは言い切れません。ですからまずは看護師を目指すのもいいでしょうし、助産師に関しての勉強を独学で行うのもいいと思います。

但し、必ずそのような日が来るとも限りません。また、男性初の助産師さんが誕生するまでにはだいぶ年月を必要とすると思います。そう考えてみると、効果的にお産に関わる仕事につくためには、助産師ではなく産婦人科医を目指す方が近道に感じます。

このページの先頭へ